LINK

簡単に説明をすれば任意保険とは強制保険としての自賠責保険とは違って自賠責保険だけでは補いきれない部分の補償が可能になる必須ともいえる保険といえます。

この任意の保険に関しては自動車損害賠償責任保険の上乗せという役割で働きますので自賠責保険の支払い能力を超えた時に登場します。

また自賠責保険では対物損害に対しては補償を受けることができないので対物損害をカバーするのであれば入っておくことをお勧めします。

今現在任意保険を払っている車を手放す場合は、国産メーカーの車や輸入車ということは関係なく残っている分が返ってきます。

国産メーカーの車を手放す場合でも例外ではありません。

自動車損害賠償責任保険の場合基本的には放っておくのが常識ですが任意保険の場合は全員が入るものではありませんのでキャンセルということになります。

さらに任意保険を契約解除した後はすでに 支払い済みの残っているお金が返還されることになります。

自動車の売却が決定したとしてもすぐに任意保険をキャンセルすることはリスクがあります。

もちろんすぐに中途解約すればそれだけ還付される保険料は多くなりますが、もしかしたら車専門店が離れた地域にあり、自分で運んで行くということになった時は、任意保険なしで車の運転をする必要があります。

緊急事態を想定して、絶対にもう運転をすることはないという状況になるまで任意保険の解除をすることのないようにしなければなりません。

中古車を処分し、新しいクルマに買い換える場合であれば良いでしょうが、仮にしばらく乗らないような状態が続いて任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこうした任意保険に入っていない期間がある場合過去に入っていた時の保険の等級が下がるため、保険料の金額が増額となってしまいます。

そういったような場合では「中断証明書」というものを提示してもらうようにしなければなりません。

この「中断証明書」を使えば、最長10年は契約解除前の任意保険の等級を引き継ぐことができます。

また、13ヶ月以内ならば発行依頼をすることができますから、もし今現在で中古車を売却していて「中断証明書」を発行してもらっていない状況でしたら保険会社やその代理店に中断証明書を発行していないことをお伝えください。

もしもあなたが新しく自動車を買って、買ったのちに以前所有していた車を処分してもらうのならば、契約は片方のみの契約です。

保険の切り替えという対応になるので乗る必要がある所有車であれば買取の際まで注意しましょう。

そして任意保険という保険は車種で額が変化してきますから、クルマ引き取りの時は任意保険の保険料を検討する好機にもなります。