LINK
 宅配業者の配送作業員にとって、これだけはきちんとやっておかなければならないということがあります。それは何かというと、宅配の荷物を配送先に届けたとき、きちんと受領印をもらうということです。  「そんなのは当たり前だ」と思うのかもしれませんが、意外とこれを忘れてしまったがためにトラブルになることがあります。  受領印というのは、荷物を受け取ったか受け取らなかったのかの重要な証拠となりますので、宅配においてそれはとても重要なものです。  いくら配送作業員が「届けた」と言っても受領印をもらっていなければそれを証明できませんし、逆に配送先の人が「届いていない」と言っても、きちんと受領印があれば届けたことになります。  また、その受領印もきちんと鮮明な受領印をもらわないとその効果が薄れてしまいますので、鮮明な受領印をもらうことがとても重要なのです。ですので、配送作業員は配送したときに、受領印をもらうということを決して忘れてはならないのです。