LINK
やっぱり料理が出来る人って、男女問わず魅力的だと思います。十代や二十代の頃は、生活よりも遊びを重視しがちで、いかに幸せに日々を送るかなんて事を考えた事は無かったですが、アラサーになってみて、平凡な幸せって言うのが実は一番貴重なものなんだなーなんてぼんやり思うようになりました。そして生活の基盤となるのはやはり「食」です。健康の基盤でもあるし、美味しいものを食べる事で人は幸せ気持ちになりますから、充実した毎日のベースでもあります。そこで、ちゃちゃっとおいしい料理を作れちゃう人、食を重用視している人っていうのは魅力的だと思うのです。バブル崩壊後、小さな幸せを楽しめる人が魅力的という風潮に日本はかわったと思います。豪邸に住んでいる芸能人とかも、特集はされてますが本気であれをうらやましいと思って観ている視聴者は殆どいないと思います。アメリカの拝金主義の考え方から、ヨーロッパの生活を重視する価値観に日本もシフトしたのでしょう。心と体の健康を考えると、これはいい変化かと思います。